2013年8月27日   カテゴリー:カフェという場所

ノンカフェインの健康茶として人気のたんぽぽ茶はたんぽぽ根を
ベースとして作られています。母乳で育てたいという方にマッチした
妊娠サポート用にとても便利な健康茶です。

たんぽぽ根とはどのようなもの?ティーライフのたんぽぽ茶は
中国でも吉林省で採れるたんぽぽ根だけを厳選して使用しています。
つまりこの地域で育つたんぽぽ根はとてもたくましいという特徴があります。

冬になれば摂氏40度以下にまで下がる人間ではとても住めないような
ところでも根を深く伸ばすたんぽぽの根の効果によって母乳もたくさん
出るようになり、冷え性にも高い効果があると言われています。

もともとたんぽぽは、日本では春先から道端でもたくさん見られるように
なりますが、春の草花として、江戸時代にはおひたしや和え物にもよく
食べられていたそうです。

また太い根は幅広い環境で育つたくましい生命力があり、西洋でも
昔からむくみの解消などに効果が高いと重宝されてきたそうです。
ビタミンやミネラル類も豊富なため肝臓にも健康効果があったり、
コレステロールを減少させ、血圧が高い方にも効果があります。

妊婦さんといえば産後はどうしても太ったまま育児をしなければ
ならない方も多く、疲労が募ってしまうだけでダイエットにも
しっかり精を出すことができないと悩んでいる方も多いようです。
やはりたんぽぽ茶の効果は妊娠前、妊娠、産後までずっと使える
たくさんのメリットが含まれていると言えます。

投稿者:カフェ大好き
2013年5月26日   カテゴリー:集客のために

そして、ネット集客です。通常型のカフェのように、集客エリアが極めて限定される業種業態であっても、
今日、ネット集客を行なうことは、半ば、必須である、ということが言えるでしょう。集客エリアが
極めて限定される、通常型のカフェのような業種業態であっても、ネットで集客を図る、という行動を
しないでは、今日、集客の基本戦略が構築出来ない・・・ということが言える、ということなのです。

この点は、カフェへの集客、ということに限らず、個人事業主で、しかも、顧客に来店してもらうこと
によって成立する業種業態のビジネスにおいて、ネット集客を考えなければならない、ということは、
共通しております。

ネットを使えば、集客エリアが限定されない、というような業種業態であれば、ネットで集客することが、
ビジネスモデルの一部になります。しかし、来店型のビジネスにおいても、ネットを用いて集客する、
ということが今日、スタンダードになりつつある、ということなんですね。

ネットで口コミ集客を図る・・・という言い方をした方が、ピンとくるかもしれません。ネットでの口コミ
集客のツールとして脚光を浴びているのが、ツイッタ―であり、フェイスブックである、ということが
言えるでしょう。

フェイスブックで口コミが起これば、集客に結びつきます。エリア限定であることが、この場合、
有利であるのかもしれません。あそこのカフェのコーヒーは美味い! との口コミを、エリア限定
で起こすためには・・・。

投稿者:カフェ大好き
2013年5月13日   カテゴリー:ライフスタイル

学生の頃は便秘に悩んでいました。
マクドナルドとかのジャンクフードをたくさん食べていたのと、
なにも運動をせず不規則な生活をしていたせいだと思います。
高校を卒業してからは、これではいけない!とご飯を減らしたり、
オヤツをちょっと我慢したりしました。

でもあまり変わらずでした。
それを見かねた母が、その当時流行っていた減肥茶を買って来てくれて
一時ハマッて飲んでいましたが、すぐに飽きて飲まなくなりました。
思ったよりも効果はありませんでした。
良く効くお茶だということでしたが、人それぞれですからね。

そんな、何をしても長続きしなかった私にも
続けて飲み続けるお茶に出会いました!
あれほど悩んでいた便秘も、これを飲みだしてからは快腸になりました。
それが、するっと爽快茶というお茶です。
味も飲みやすく私にはぴったりなお茶でした。

成分も自然志向で、便秘薬に頼りたく無かったわたしには
願ったりかなったりの健康便秘茶です。

成分がキャンドルブッシュという食物繊維の宝庫なのだそうです。
何でも生キャベツの、なんと12倍なのだそうですね。
今まで食事も、食物繊維の摂取を心がけていました。
そんな努力がお茶を飲むだけなので、精神的にも大分楽になりました。

精神的にもリラックス出来るようになったのも快便に
良い影響を与えているのかもしれませんね!

投稿者:カフェ大好き
2013年4月25日   カテゴリー:集客のために

カフェという業種業態において考える集客・・・ということになりますと、集客エリアがある程度限定
される業種業態であるカフェとしては、まず、リアル集客、という点から考えて行く・・・という順に
なるでしょうか? 勿論、最初から、ネット集客を考えていく、ネット集客のみでいく・・・という、集客
のやり方も、あるにはあるでしょう。

あるいは、リアル集客と、ネット集客とを同時に、並行して行なっていく・・・という考え方もあるでしょう
し、どちらかと申しますと、この、リアル集客と、ネット集客とを同時並行で行なう、ということが、実は、
もっとも確実で、現実的な方法であると言えるかもしれません。

カフェにおけるリアル集客とは・・・チラシを播く、新聞広告などを出す、フリーペーパーにクーポン券など
をつける、などのやり方があります。どのやり方も、ファストフード店型カフェテリアが、盛んにやっている
集客手法ですね。

ファストフード店型カフェテリアは、同一規格の店舗が複数展開されていますから、このようなリアル集客
の手段も、本部あるいは、エリアを統括する部署によって、一括して発動すればいいわけです。ですので、
通常の業種業態にけるカフェとは、集客エリアが違ってくる、ということが、まずもって、申し上げられる
でしょうね。

ここで問題にしたいのは、街で一軒営業しているカフェが、チラシを播くにしても、ごくごく限られた範囲で、
ということになるでしょうね。集客効果としては、エリアを限定して行なう集客でなければ、まずもって、
効果が期待できません。

投稿者:カフェ大好き
2013年2月24日   カテゴリー:カフェという場所

ジャズ喫茶、というカフェに、子供ながら、集客されたことがある・・・ということを、先に書きました。
ああ、なるほど・・・というふうに思われたかもしれません。わたしと同世代の方であるなら・・・。

団塊の世代を叔父や叔母に持つ、そういった世代、ということですね。で、その頃・・・ジャズ
喫茶カフェが全盛の頃に・・・フルーツパーラー、という名前のカフェが、街によくあったのを
覚えておられる方いらっしゃらないでしょうかね?

え? フルーツパーラーカフェなら、いまでも、結構ありますよ! ですって? それは懐かしい
ですねえ・・・。でしたら、そういうフルーツパーラーに、是非、集客されたいな・・・なんていうふう
に思うのですが・・・。

フルーツパーラーカフェ、なんて、わたしの造語ですが・・・。ジャズ喫茶カフェにも、バナナジュース
や、クリームソーダ程度はありましたが、さすがに、パフェはありませんでした。パフェは、フルーツ
パーラーカフェへ行かないとねえ・・・。

なんていうふうに、差別化されて、集客していたように、子供心に考えたり、思ったりしているん
ですが・・・。本当に懐かしいですねえ・・。あの、フルーツパーラーカフェには、わたしも、親に
ねだって、集客されたものです。

目当ては、果物満載の、フルーツパフェでしたね。やはり・・・。あれが大好きでした。フルーツパフェ
が食べたくって、親にねだって、フルーツパーラーカフェに集客されていた、というような感じ
でしたかねえ・・・。

投稿者:カフェ大好き
2013年1月23日   カテゴリー:カフェという場所

名曲喫茶、というカフェが嘗て、どこの街にもあって、わたしなどは、よく、そういったカフェに
集客されていた・・・というふうに書きました。また、ジャズ喫茶、というカフェも、地方都市にも、
必ず数件営業していました。

ジャズ喫茶というカフェが全盛期を迎えていた頃には、わたしは、まだ、小学校に上がるか
上がらないか、という年齢でしたから、ジャズ喫茶、というカフェに集客されたとか、
よく知っているんだ、とか書くと、なんだそれは・・・というふうに思われてしまうでしょうね。

しかしながら、確かにわたしの記憶には、ジャズ喫茶というカフェの店内風景があります。
ジャズ喫茶に、小学校低学年のわたしを連れて行ってくれた叔父がいるのです。

この叔父が、よく、ジャズ喫茶のようなカフェに集客されていたんだ、ということになるでしょうか?
わたしも、くっついて、集客されていた、ということになりますよね。で、ときどきは、苦いコーヒーに
口をつけていた、ということになります。勿論、砂糖もミルクもたっぷりと利かして、ということ
でしたが・・・。

それでも、あんなもの、どこが美味しいのだろう? と、子供ながらにぼやいていました。

バナナジュースの方が、よほど美味しいのです。あるいは、クリームソーダ、ですね。

それくらいのものでしたら、ジャズ喫茶カフェにもあったのです。子供連れの客を集客しよう、
というふうに考えていた、ということではないでしょうけれどね・・・(笑)。

投稿者:カフェ大好き
2012年12月22日   カテゴリー:カフェという場所

その昔、名曲喫茶、という名のカフェが、どこの街にも一軒は開店していたのではないでしょうか?

クラシックの名曲を、レコードで、それなりの再生装置で流しつつ・・・芳醇なコーヒーを喫する・・・
そんなイメージが、名曲喫茶という名のカフェにはありました。実際、わたしも、そういうカフェに集客
されて、よく通いました。

コーヒー一杯当たりの単価は高いのですが、なにしろ、美味しいコーヒーですし、器もそれなりに
凝っていたりして、なんとも、愉しめる雰囲気のカフェです。そういうカフェに、よく集客されました。
カフェに集客される側の心理としては・・・コーヒーや紅茶を飲むためだけに集客されるのでは
なくって、優雅な時間を買うために集客される・・・というような積りがありました。

少なくとも、わたしなどは、そんな感覚で、名曲喫茶のようなカフェへ集客されたものです。いまでも、
仕事の合間に、気分転換がしたくって、そういた、昔ながらの、名曲喫茶へ出掛けたい、集客されたい、
というふうに思う、考えることがあります。

集客される側が、そんなふうに、集客されたい、というふうに思っていても、肝腎の、集客されたい、
名曲喫茶のようなカフェは、わたしの街には、もう、ありません。ファストフード店のコーヒーは、
この頃は、店によっては、本格的なドリップをした、美味しいコーヒーを飲ませるところがあるの
ですが、そういった、ファストフード店に集客されては、果たせないもの、があるのです。

投稿者:カフェ大好き
2012年11月23日   カテゴリー:ライフスタイル

わたしが、カフェ、という場所に対して抱いているイメージ、というのは、やはり、くつろぐところ・・・
というようなものです。芳醇なコーヒーの香りと、クラシックやジャズの名曲・・・気の利いたインテリア
・・・なんていうふうな、昔ながらのカフェ、というのが、実は、経営が成り立たなくって、次々に無く
なっている・・・というような話を耳にしたのは、もう、かなり前のことです。

そういった、昔ながらのカフェが、集客が出来なくなっていった・・・ということなんですね。

ファストフードのチェーン店が次々と出来て来た・・・という時代背景と一致しております。ファストフード
店で、コーヒーや紅茶を出します。それなりに、飲めるコーヒーを、お代わり自由で出しているん
ですね。こういった店と、一杯のコーヒーを入念にドリップして出す、といった、昔ながらのカフェが、
集客競争をしようとすれば、カフェの側の考えとしては、同じ顧客層を狙って集客競争をしよう・・・
というのには、無理があるでしょう。

ファストフード店でコーヒーを飲む、ということでは満足できない、という顧客のニーズを満たす、という
ことによって、集客を図る・・・ということが、ひとつ、重要なことである、というふうに思われます。

しかし、従来型のカフェが、差別化を図る、ということによって集客を図っても、カフェの存続、という
ことは、極めて困難であった、ということだったのでしょう。なるほど、と、思われます。ファストフード店
との集客競争、ということであったのなら・・・。

投稿者:カフェ大好き
2012年10月24日   カテゴリー:ライフスタイル

カフェへの集客、ということを考えた場合に・・・カフェが、例えばパリのカフェのようには、生活に
密着しているとは言えない我が国で、どのようにして、カフェ、というものを生活に関連させる
のか? という、言わば、イメージ戦略、のようなものが必要になって参ります。

カフェ―というものが、如何に、わたしたちの日常生活に彩(いろどり)を添えてくれるものなのか・・・
ということを伝えていくことによって、カフェへの集客、ということを考えて行く、ということですね。

もともと、わたしたちの国には、カフェのようなもの・・・所謂、茶屋、というものがありました。

この、茶屋、が、いまでは、カフェ、になっている、というふうに申し上げてもいいのかな? という
ふうに思っております。茶屋、であるなら、イメージ戦略、という余地は小さくなるのでは
ないでしょうか? いや、そうでもないかもしれません。

古き良きものに憧れる、ということは、わたしたちの心情の中に、いつでも、ありますよね。ですので、
日本におけるカフェのルーツとしての茶屋、というものを前面に押し出したイメージ戦略、ということ
が、ひょっとすると、面白いのかもしれません。

茶屋の流れを汲んだカフェへの集客・・・ということですね・・・。カフェでお茶を飲む、という行為が、
生活に密着してくる・・・パリのカフェのように、カフェで軽い食事をする、とか、カフェで、軽い飲酒を
する・・・といったところまで・・・そういったイメージ戦略での集客・・・ということですよね・・・。

投稿者:カフェ大好き
2012年9月25日   カテゴリー:ライフスタイル

逆に申しますと、カフェのような飲食店の業態の場合、カフェ店内へ集客が出来れば、それで、
もう、ある程度の目的は達成出来た、ということになるでしょう。カフェの店内へ集客出来れば、
ひとりの顧客に対して、なんらかの売上が期待出来るわけです。

なにも飲まずに、なにも食べずに・・・所謂、全く注文せずに出て行く客、というのは、カフェの
ような業態の場合、まず、考えられない・・・ということが言えるでしょう。少なくとも、コーヒーなどの、
最低単価のメニュを注文して、飲食して、出て行く、ということは、期待できるわけです。

他の業態にあるような、ひやかし・・・といった存在については、あまり考えられない、ということ
ですね・・・。と、申しますか、カフェのような業態で、店内に集客されて、なにも注文せずに出て来る、
というのは、極めて特殊な例であることでしょう。

そういうことを併せ考えますと、カフェへの集客、というkとを考えた場合、まずは、店内へ集客する
には、どのようにしたらいいのか? ということについて考える・・・ということになるでしょう。カフェの
店内に集客が出来れば、あとは、1回の集客あたりの客単価をどのようにして上げて行くのか?
ということと、初回の集客に成功した客を、どのようにしてリピーターとして育てて行くのか?
ということについて考えていく・・・というjことになるでしょう。

即ちそのことが、次の段階の、カフェへの集客、ということになるわけですね。

投稿者:カフェ大好き